私の記事が載りました。

私が教材の英訳のお手伝いをしているラボ教育センターのHPに私の記事が載りました。 私の10代の頃の話や、仕事を始めたきっかけなどが載っています。 ご興味のある方はコチラからどうぞ。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今年に入っての来日

今年に入って、徐々に来日も増えてきました。1月には『アメイジング・スパイダーマン』でアンドリュー・ガーフィールド。彼は『私を離さないで』で繊細な演技を見せていましたが、今度はアクション・ヒーロー!トビー・マッグワイヤーとはまた違った繊細で意志の強いヒーロー像を見せてくれることでしょう。 会ってみると、真面目で礼儀正しい好青年でした。ちょっとオタクっぽい感じがピーター・パーカーに向いている感じ。 2月には『シャーロック・ホームズ2』でジュード・ロウが来日。子供を2人連れて来ていて、子煩悩なお父さん振りを垣間見られました。きさくで、サービス精神が旺盛。みんなに優しいので女性にモテモテなのがわかります。 3月には『スター・ウォーズ エピソード1イン3D』でジョージ・ルーカスの娘さん、アマンダが来日。彼女は格闘家として活躍中で日本でもタイトルを取ったばかりだったので、チャンピオン・ベルトを持って『笑っていいとも』にも出演しました。以前、お父さんについて来日していましたが、まさかその地味でシャイな感じの娘さんが格闘家になるとは驚きでした。性格は優しく、気配りの人で、リングの上のアグレッシブな雰囲...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ニュー・イヤーズ・イヴ』のザック・エフロンが来日!

14,15日とザック・エフロンの来日プロモーションがありました。映画はロバート・デニーロ、ヒラリー・スワンク、サラ・ジェシカ・パーカー、ハル・ベリーなどの豪華キャストが出演している『ニュー・イヤーズ・イヴ』。監督が『ヴァレンタイン・デー』や『プリティ・ウーマン』などヒット作が多いギャリー・マーシャルさん。この監督は『プリティ・プリンセス2』のときにジュリー・アンドリューズと来日しお会いしましたが、ほんとに楽しくて優しいおじいさま。今回もザックくんが監督はハリウッドでは俳優の間で最高に優しい、楽しいいい人と伝説的人物なんだと話していました。今回のザックは郵便などを自転車やバイクで届ける配達屋さん。少し筋肉をつけて、前回来日した『17アゲイン』のときよりたくましく、大人っぽくなっていました。 でも、人に「筋肉がついた」とか「大人っぽくなった」と言われると照れてしまう、というところはまだ可愛いと思いました。初日はいきなり日本テレビの『スッキリ!』に生出演。その後、ホテルで個別取材をしてから、スカイツリーの近くまで行き、『スッキリ!』のロケをしました。餅つきを経験したり、ついた餅をほおばって、...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

『リアル・スチール』に興奮

先週、11月29,30日はディズニーの作品「リアル・スチール」のプロモーション来日がありました。最初はヒュー・ジャックマンが来ると聞いていたのですが、彼は今ブロードウェーの舞台に出ているので来日は無理。子役のダコタ・ゴヨくんと監督のショーン・レヴィさんが来日しました。 この映画、ロボット・ボクシングの映画と思い、ロボットにそれほど興味がないし、ボクシングは嫌いだし、と思ってなんの期待もせず試写に行ったら、びっくり!!父と息子のヒューマン・ドラマ、そしてロボットのボクシングに完全にはまってしまい、思わず「そこだ!もっと行け!」と掛け声をかけてしまいそうになりました。ヒューはダメ親父をいい感じで演じているし、息子役のダコタくんはきらきら光っていました。この子は将来スターになる予感がします。可愛いだけじゃない、特別なオーラを放っていました。でも、実際に会ってみると普通の少年。全然天狗にもなっていないし、お茶目で、子供っぽい。受け答えはしっかりしていたけどその辺にいる普通の子でした。それがスクリーンでは輝くというのが真のスターの証でしょうか。監督のショーンさんは夜のプレミアに間に合うように来日...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初めてブラピの通訳

11月9,10は『マネーボール』で来日したブラッド・ピットの通訳をしました。 前日にアンジーと6人の子供たちと到着したブラピでしたが、9日の取材中は「昨日の晩、よく眠れなかった」と言うだけあって、なんとか頑張りとおすためにコーヒーをしきりに飲んでいました。この日は個別取材を朝から行い、夜は国際フォーラムでのジャパン・プレミア。ここでは真紅のドレスに身を包んだアンジーと一緒に登場。アンジェリーナ・ジョリーは以前、『チェンジリング』という作品で一日だけ通訳をしましたが、本当にオーラがある方です。 この日も、アンジーは大輪のバラの花のように美しく、スター・オーラを発揮していました。 今回のブラピは映画とは違って、長髪で常に薄い色のグラデーションのサングラスをかけていたので、はっきりと顔が見えないといった印象。プレミアではサングラスをはずしてくるかと思っていましたが、やはりかけたままでした。 10日は朝からまた個別取材があり、記者会見があり、トンネルズのタカさんやよいこの濱口さんなどが番組取材で来たりで盛りだくさんでした。 この日もコーヒーを沢山飲んで頑張っていたブラピさん。やはり時差ぼけと睡...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第24回東京国際映画祭を終えて

昨日(30日)で東京国際映画祭での9日間の仕事が終わりました。 22日の初日はオープニングセレモニーが開かれ、野田首相や枝野経済産業大臣などがグリーンカーペットを歩き、セレモニーでもスピーチされました。野田首相の通訳をしましたが、ご自分の映画体験や好きな映画の話を交えた、映画祭にふさわしい楽しいスピーチでした。通訳を意識して、はっきりと短い文章で切ってくれたので、すごく訳しやすかったです。今まで映画祭では小泉首相、麻生首相と鳩山首相の通訳をしましたが、野田首相が一番訳しやすかった気がします。ゲストには『1911』のジャッキー・チェン、そして『三銃士』のミラ・ジョヴォヴィッチやポール・W.S.アンダーソン監督が参加してくれました。 初日はセレモニーのあと、レセプションと晩餐会の通訳をしたので長い一日でした。 今回楽しかった舞台挨拶は『アントキノイノチ』の原田泰三さん。いきなり、舞台挨拶で歌いだしたんです。その歌を私が訳して、会場がかなり盛り上がりました。 また『サラリーマンNEO(笑)』の舞台挨拶では、生瀬勝久さんがわざと英語で応えて、私がそれを和訳する場面で会場がどっと沸きました。 今...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通訳翻訳ジャーナル

現在発売中の『通訳・翻訳ジャーナル』秋号にインタビュー記事が載りました。特集の見出しは「憧れのプロに会いたい!」というちょっと気恥ずかしいものですが、うちの愛犬ポコちゃんと撮った写真が掲載されています。ポコちゃんの雑誌デビューです! 私の「ヒストリー」ということで今の仕事につくまでの歴史、道のりが紹介されています。これから通訳、または翻訳家を目指している方のための雑誌なので、ご興味のある方は覗いて見てください。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宮崎で講演会がありました

ラボ教育センターの教材の英訳をしているお陰で時々、講演を頼まれることがあります。今回は6年前にも訪れたことのある宮崎へ行ってきました。宮崎は南国ムードに溢れていて、食べ物も飲み物も美味しく、なんと言っても人々が気さくであったかいです。前回は都城市と福岡で講演しましたが、今回は宮崎市での講演。空港で後田さんと中山さんに出迎えられ、その夜は宮崎県のテューターさんたちとの親睦会。みんな、若々しくて楽しい人たちです。 6月12日(日曜日)、宮崎市民プラザのオルブライト・ホールはウッディでとても素敵な空間でした。前半に足立テューターさんのパーティが私が昨年訳した『ももたろう』を日本語と英語で発表してくれました。子供たちが真剣に取り組んでいる姿はすがすがしく、随所に工夫の跡が見受けられ、実に楽しいパフォーマンスでした。 後半が私の講演ということで、今回は「英語が世界の扉をひらく」というテーマで自分の経歴や仕事の話、ハリウッドスターたちとのエピソードも披露して、最後に会場からの質問を受けました。高校生の方が「将来、通訳か翻訳家になりたいが今なにをしたらいいでしょう?」といういい質問をしてくれたり、ラ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シンガポールに出張

5月28日から6月1日までシンガポールへ行って来ました。 JJエイブラムス監督の新作映画「スーパー8」のプレス・ジャンケットのためです。映画全編を観ました。わくわくする面白さを体感できる昔のスピルバーグ作品を彷彿させる感動作品でした。主演の男の子たち3人とエル・ファニング(ダコタの妹、やはり演技が上手いです)とお父さん役の俳優さん、そしてJ.J.が出席し、個別取材や記者会見が行なわれました。私たち日本チームはテレビ、ウエブ、雑誌、新聞と様々な媒体が揃い、通訳の私もインタビュアーになってテレビ番組の取材をしました。 シンガポールは30年ほど前に訪れたことがありましたが、随分と変わっていて、新しく斬新なビルがたくさん建って、夜はネオンがきらめく賑やかで活気のある街でした。東京のネオンが節電で夜は暗いので、なお更シンガポールの明るさが目立ちました。外気温が30度以上、湿度も非常に高く蒸し暑いのに建物の中はどこも冷やしすぎ!ホテルの冷房は21度の設定になっていて寒すぎたので28度まで上げましたが全然温度が上がらず、仕方なく部屋に備えられていたバスローブをずっと着て過ごしていました。(一緒に行っ...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウディ・アレンのお芝居、『又聞きの思い出』

私が翻訳したウディ・アレンのお芝居、『又聞きの思い出』がいよいよ19日に初日を迎えます。稽古場には何度か足を運びましたが、みんな一所懸命に稽古に取り組んでいます。ウディ・アレンは映画の人、と思っている皆様、結構お芝居も書いていて、5年程前には私の翻訳・ケラさんの演出で『漂う電球』という作品が下北沢の本多劇場で上演されました。 今回はワン・ツー・ワークスのプロデュースで、古城十忍さんの演出。キャスティングもそれぞれの役柄にぴったり!映画のように流れる演出を是非、ご覧になってみてください。 詳しくはこちらをどうぞ: http://onetwo-works.jp/nextstage_mata.html

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«来日はすべてキャンセルに・・・