« 私にとって最高のハッピーな第22回東京国際映画祭~でもそこには思いがけない落とし穴が! | トップページ | 不思議なスパイク・ジョーンズ監督 »

文学座公演「定年ゴジラ」を観てきました!

昨日(11月6日)、新宿サザンシアターで文学座公演「定年ゴジラ」を観てきました。最初から笑わされて、最後まで存分に楽しめる舞台でした。なんと言っても文学座のベテラン俳優陣がとてもいい!定年退職したおじ様たちが自分たちの夢のマイホームの地、くぬぎ台ニュータウンの町内会の仕事を共にすることで生まれる連帯感、友情。60代で定年になってもまだまだ元気なおじ様たち。会社人間として一途に仕事に打ち込んできたお父さんたちが定年退職したあと、家や地域に自分の居場所がないことに気づくかされる。非常にリアリティ溢れる舞台。そしてきめ細かな演出。私自身が妹と二人姉妹なので、山崎家の母・娘の関係が手に取るようにわかりました。お父さんは女性同士の会話には入れなくて邪魔者扱いされるあたり、身に覚えがあるな~。
昔「ビッグ・リバー」という作品で坂口芳貞さんと仕事をしたことがありますが、全然お変わりなく、すごくいい味を出されていました。
今月14日まで上演しています。一押し作品です。お見逃し無く!

|

« 私にとって最高のハッピーな第22回東京国際映画祭~でもそこには思いがけない落とし穴が! | トップページ | 不思議なスパイク・ジョーンズ監督 »

コメント

素敵な作品のご紹介ありがとうございます。『定年ゴジラ』さんのブログも拝見させて頂きましたが、ほのぼのしていて良いですね。舞台は俳優陣のエネルギーを感じる事が出来るので大好きです。
坂口芳貞さん。声がとても魅力的な方ですね。とても70歳とは思えないです。

投稿: Ten | 2009年11月 7日 (土) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205096/46696439

この記事へのトラックバック一覧です: 文学座公演「定年ゴジラ」を観てきました!:

« 私にとって最高のハッピーな第22回東京国際映画祭~でもそこには思いがけない落とし穴が! | トップページ | 不思議なスパイク・ジョーンズ監督 »