« ラジオ番組の収録をしてきました! | トップページ | 「アバター」の主役で大注目、サム・ワーシントンが新作「タイタンの戦い」で来日! »

「アリス・イン・ワンダーランド」で来日したジョニー・デップ

2010年3月22日(月)

今日は『アリス・イン・ワンダーランド』で来日したジョニー・デップの通訳でした。

私としては『スィーニー・トッド』の来日(2008年1月)以来です。

去年の暮に『パブリック・エネミーズ』で来日したばかりのジョニーでしたが、そのときに「次回はアリスで戻ってきます!」と公言していました。私も暮に3月23,24という日程をいただいたので、押さえておきましたが、それからスケジュールが目まぐるしく変わり、最終的な決定が出たのは来日一週間まえのこと。21,22の二日間になりそうだと思っていたら、結局22日だけになりました。しかも、到着はその日の朝。そのままホテルに直行し、少し休んでから、まずはティム・バートン監督とのフォト・セッション。(監督は18日から来日していて、もう既に土曜日からインタビューをしていたそうです。)

予定より25分ほど遅れてフォト・セッションがスタート。そして、そのあと記者会見場へ移動。80台を越すテレビカメラに300人以上の記者が集まり、会場は熱気に包まれていました。そこへ、20分ほど押して、バートン監督とジョニーが登場。司会は伊藤さとりさん。『日本に戻ってこれて嬉しい。日本のファンは世界で一番温かい歓迎をしてくれる』などと挨拶し、いざ質問タイムへ。最初の質問者は「めざましテレビ」の軽部さん。ジョニーがいつも帽子をかぶっているので、多分帽子好きだと思うが、今回の帽子屋の役はどうだったか、そして個人的には帽子をいくつ所有しているのか。これに対して、ジョニーは「帽子屋の役はやりやすかった、もう既に自分の中に出来上がっていたから。プライベートでは帽子を5,6個持っている」と答えたのですが、いつも帽子をかぶっているイメージなのでもっと数を持っていると思っていた私は一瞬、「5,6個なの?」と聞き返してしまいました。50個~60個くらい持っているのかと思ったんです!

子供たちも『アリス・イン・ワンダーランド』は観て気に入ったそうですが、お父さんのマッド・ハッターは本当にいかれている、クレイジーだと言ったそうです。「でも楽しいクレイジーだよ(fun crazy)」とジョニーは付け足していました。

ティムが話している間、私はすぐ左前にいるジョニーのファッションを間近で観察していました。右腕に皮のベルトやらお嬢さんが作ってくれたというカラフルなビーズのブレスレットを3~4つ、指輪を二つ。腰には白いドクロの飾りがついた紐のような飾りと細長いバンダナのような飾りを付けていました。黒いシャツにストライプの入った黒っぽいベスト、首には細い飾りつきの金属のネックレスが二つ、じゃらじゃらとしたビーズの赤い首飾りが2~3本、緑色のニットの細いスカーフ。そして薄いグレーのフェルト帽。前に穴が2つ、3つ空いています。よっぽど愛用しているのでしょう。黒縁のめがねに髭。

今回のマッド・ハッターという役はかなりすごいメークとヘアでジョニーなのか誰なのかよく分からないほどです。昔、エドワード・シザーハンズという役もばっちりメークにワイルドなヘア、手の代わりに鋏を持った男でしたが、今回もそれに近いほど本人が隠れています。そのことを記者に聞かれると、ジョニーは「僕はメークや変装の後ろに隠れるのが好き。そうすることによって本来の自分が出せたりする」と言っていました。

記者会見が終わると、すぐに裏導線の方へ行きましたが、ジョニーが私に話しかけてきました。初来日の前からずっとジョニーのことを書いてきたライターの佐藤由紀さんが会見場にいたのを発見した、と言うのです。「デッドマン」で初来日したときはフランス映画社の社長宅でホームパーティがあり、そこへジム・ジャームッシュ監督とジョニーも来て、みんなで気軽に話したりしたのを思い出しました。由紀さんは「21ジャンプストリート」というテレビシリーズに出演していた頃からインタビューに来てくれてたんだよ、と教えてくれました。私が「初来日は何年だったかしら?」と聞くと、「1994年だった」と即答。わたしよりよく覚えている!すごい。

このあと昼食と休憩をはさんで、恵比寿ガーデンプレイスのファン・イベントに向かいました。ディズニーのスタッフとティムの通訳を担当している井原さんとメークの方と一緒にバンで先乗りをし、会場に着くと、そこには赤の女王のお城が聳え立っていました。前の晩から徹夜で建てたそうです。会場にはもう既に多くのファンの方々が集まっていて、他にも買い物客や会社帰りの人たちもなにごとかと立ち止まって見守っています。

車が到着するというレッド・カーペットの入り口で待っていると、間もなく監督が到着しました。それから10分~15分遅れでジョニーが到着。ファンの声援や黄色い声が鳴り響きます。まずはサウンドバイツ~「めざましテレビ」の軽部さんや「スッキリ」の大竹さん、「みやねや」、「ズームイン・スーパー」など全部で10本インタビューを受けました。ファンが声をかける中、ジョニーは小さな声で囁くように話すので、聞き取ろうと私も必死でした。

そして、いざファンの元へ。丁寧にサインしたり、握手したりしていきます。

30~40分ほどファンとのふれあいがあり、お城へ到着したジョニーはティムと一緒にフォト・セッション。そして、階段を上がって舞台に立つと集まった3,800人の前で挨拶をしました。会場が最高潮に盛り上がった瞬間でした。

ファン・イベントを後にすると、次に向かったのは舞台挨拶を行う六本木ヒルズの東宝シネマズ。今回はスクリーン2での試写会です。今か今かと待ち構えていたファンの前にティムとジョニーが登場すると大きな声援が巻き起こりました。ここでもジョニーは日本のファンは世界一温かい、ファンのみんなが応援してくれるから僕らは映画を作ることができる、だから心から感謝している、と挨拶をしました。そして、次回も必ずまた戻ってくる、と最後に言いました。

私たち通訳のお役目はここまでで終了。「It’s always a pleasure to work with you, Johnny」と言うと「Me too, thank you so much. See you next time」と言ってくれました。

その後、ティムとジョニーはディズニーのお偉方たちと一緒にディナーへ向かいました。

初めはその日のうちに帰る予定だったのが、到着時刻がずれたため、結局日本に一泊することになったジョニー。次の朝には自家用ジェットでベニスへ飛んでいきました。アンジェリーナ・ジョリーと共演の「The Tourist」の撮影のためです。

次から次へと作品が公開され、私たちに色んな顔を見せてくれるジョニー。そういえば、記者会見でも、「常に違う自分を出していきたい。観客を飽きさせたくないからいつも違う役に挑戦していく」と言っていました。これからも楽しみな俳優さんです。

|

« ラジオ番組の収録をしてきました! | トップページ | 「アバター」の主役で大注目、サム・ワーシントンが新作「タイタンの戦い」で来日! »

コメント

コメント欄から失礼いたします。
在京出版社の雑誌でライターをしているものです。
今回鈴木様に取材をお願いしたくご連絡差し上げました。

雑誌・企画の概要などをお伝えさせていただきたいのですが、よろしければ一度私のメールアドレスまでメールをお送りいただいてもよろしいでしょうか。
メールをいただけましたら、そちらに返信する形で企画書などをお送りさせていただきます。

コメント欄からのご連絡で、雑誌名など明かすことができず申し訳ありません。
突然のお願いで恐縮ですが、ご検討よろしくお願いいたします。

投稿: 雑誌ライター | 2010年3月26日 (金) 04時07分

Alice in wonderlandプレミアイベントに参加して参りました!
Sweeney Toddで以来、約2年振りにジョニーの通訳をされる
鈴木さんをお見かけして嬉しくなり、来日通訳レポを楽しみにしておりました。

スターの通訳とは言え、決してミーハーな姿勢からではなく、プロとして
冷静にお仕事されていらっしゃるのが素晴らしいなぁと思います。
私は他言語の駆け出し通訳者ですが、こうして第一線で活躍されている
鈴木さんのお仕事の様子を拝見する事ができてとても嬉しく思っております。
これからも是非いろんなお話を聞かせて頂けましたら幸いです!

まだ少し肌寒い日が続きますが、どうぞ無理をされずご自愛下さいね。
今後のご活躍をお祈りしております!

投稿: MK | 2010年3月27日 (土) 14時32分

初めてコメントさせていただきます。
ブログを拝読しまして、鈴木さんの翻訳ライフ、とても素敵だと思いました。
お忙しいかと思いますが、お時間のある際に鈴木さんが今日までに築いてきた翻訳家としてのバックグランドにつきまして簡単に教えていただけませんでしょうか。
鈴木さんの様な特別なポジションの仕事に少しでも近づける様に、鈴木さんのバックグランドを参考にさせていただきたく思います。
宜しくお願いいたします。

投稿: Sano | 2010年4月18日 (日) 01時00分

こんにちはsun
初めてコメントさせて頂きます。以前から鈴木さんの通訳としての活躍拝見させていただいています。

このブログも今日初めて知りましたが、すごく興味をそそられる内容でこれから過去の記事もゆっくり読ませていただきたいと思います。


私は現在大学4年生で将来の事についていろいろと考えています。

中学生の時に映画ハリーポッターに出会ってから私の人生は得意ではなかった英語へと向かっていきました。

そして通訳になっていつかダニエルと話したいというのが常に私の中にあり、私の将来の目標となっていました。

しかし大学生になり、ミーハー心よりも本当に通訳になりたいと思い目指そうと思ったのですが自分より英語ができる人がもちろんたくさんいる、(事実私の英語力はあまり高くないので)だから通訳の仕事自体自分にはなんとなく無理なんじゃないかと今は不安でいっぱいです。

英語ができるだけがいいというわけではないと思いますが、何か一言、鈴木さんに一歩を踏み出す言葉を頂けたら勇気をもらえる気がします。

お忙しいとは思いますが、いつでもお待ちしています。
よろしくお願いします。

投稿: saori | 2010年8月 4日 (水) 22時25分

こんにちわ~テレビを見、活躍してる姿を見てメールをしました。あ、ごめんなさい私の紹介もしなく慣れ慣れしく。
覚えていてくれているかな~上高井戸に住んでいる時、隣に住んでいた曽{そう}といいます
娘の昭乃{あきの}の母です。
テレビで元気な姿と活躍している姿を何度も拝見して懐かしくって~
暑いので無理しないでがんばって~
迷惑でなければお返事下さい。

投稿: きよみ | 2010年8月24日 (火) 13時21分

曽さん、懐かしいです!
メールをすぐにお送りしましたが戻ってきてしまいました。
もう一度メールアドレスを教えてください。
よろしくお願いします。

投稿: 鈴木 | 2010年8月25日 (水) 23時12分

曽です。
お返事ありがとう~何か凄く懐かしく嬉しかった~忙しいのにありがとう~
携帯にメール下さい。
迷惑メール防止でPCメールは拒否してるので、携帯からメールくれますか
忙しいのにありがとう。
もし又メールが戻ってきた場合又PCの方に又連絡下さい。
今度は大丈夫だと思うんだけど~

投稿: きよみ | 2010年8月29日 (日) 22時58分

この所又テレビで活躍見ました~
今は個人情報とか色々と無用心な世の中なのに携帯でメール下さいなんてごめんなさい。
久しぶりに連絡して~疑っちゃいますよね~
pcのメールが整理してなかったから送れなかったのかも
pcのメール整理しました~後、携帯にpcからのメール受信出来るようにしましたので、
どちらかに連絡下さい。
近いうちに娘と二人でガーデンヒルズの前の浅野さんのお宅に行く予定です。
息子さんの、じゅんや君(字忘れちゃつた)
元気ですか?
久しぶりに会ってお茶でもできたらと思ってます。
時間がある時に連絡下さい。

投稿: 曽です。 | 2010年10月 2日 (土) 22時26分

又pcのアドレス送っておきます。

投稿: 曽です。 | 2010年10月 2日 (土) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205096/47910310

この記事へのトラックバック一覧です: 「アリス・イン・ワンダーランド」で来日したジョニー・デップ:

« ラジオ番組の収録をしてきました! | トップページ | 「アバター」の主役で大注目、サム・ワーシントンが新作「タイタンの戦い」で来日! »