« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

ヴェネチア国際映画祭から東京国際映画祭へ

ヴェネチアの記事を途中まで書いて、出かけなくてはならなかったので、続きはまた後でと書いたままずっとそのままでしたね!本当に更新が遅いです。すみません。

現在は東京国際映画祭の真っ只中。と言っても明日が最終日でクロージング・セレモニーと授賞式、夜の『感謝の夕べ」で通訳をします。先日『私を離さないで』というコンペ作品の質疑応答が終わって出てきたら映画ファンの方に「ブログ更新してください」と言われてしまいました!「しなくては!」という意識はあるのですが、なかなかこの時間が取れなくて・・・(言い訳ですね)

今年の映画祭でも特別招待作品の通訳がほとんどでした。カトリーヌ・ドヌーヴさんにお会いできたのは感動的でした。昔の『シェルブールの雨傘』とか『昼顔』の美しい姿を思い出していました。やはりオーラが違います。貫禄がありました。

別の日には『SP野望編』の舞台挨拶で岡田准一くんや真木よう子さん、堤真一さんなど主要キャストが来てくれました。岡田さんのアクションは迫力あってすごかったです!

一年に一度の東京国際映画祭は映画関係者のお祭りでもあり、一年に一度しか会えない人たちに会える場です。通訳も他の言語の方たちもいて、みんなで控え室に集まってお弁当を一緒に食べたり、お茶を飲みながら情報交換したりして、盛り上がります。通訳同士だから分かり合える悩みや問題って結構あるんですよね。

あと一日、頑張ります。結構疲れが出てきていますけど。

暮にまた映画祭のメンバーで打ち上げができるのを楽しみにしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »