« ヴェネチア国際映画祭から東京国際映画祭へ | トップページ | 新聞にインタビュー記事 »

ハリー・ポッターと死の秘宝パート1のプロモーションを終えて

11月18日から21日までの4日間、『ハリー・ポッターと死の秘宝パート1』の来日がありました。来日したのはロン・ウィーズリー役のルパート・グリント、妹ジニー・ウィーズリー役のボニー・ライト、そしてルナ・ラヴグッド役のイヴァンナ・リンチの三人。18日はグランド・ハイアットでの記者会見でスタート。ルパートと会うのは6年ぶりでしたが、背が伸びて胸板がかなり分厚くなったというのが第一印象。前回はやたら「ウィキッド!」という言葉を連発し、通訳するのが大変でしたが、今回はもっと長く話してくれるようになり、ほっとしました。但し、答えるときは必ずと言っていいほど、「ううん、そうだね・・・えーと、どうかな・・・ううん」というような前置きが多い。これがルパートらしさなのかもしれません。ボニーは映画で見るより大人っぽくて、きりっとした感じ。ルパートより本当は年下なのにお姉さんに見えてしまいます。イヴァンナは映画の中の不思議少女ルナの雰囲気そのままで、ふわっとしている感じ。頭のてっぺんから出ているような高くて不思議な声も特徴的です。

18日は記者会見を終えて、2時から6時まで3人一緒の取材でした。テレビ、新聞、ウェブと続いて、3人は時差ぼけもあり、かなり疲れ果てた様子でした。

19日はルパートだけ朝の『ズームイン・スーパー」に生出演のため、私も朝5時起きでスタジオ入り。羽鳥さん、西尾さんや森さんとお話して、その後エンディングにも出ました。一旦ホテルに戻り、私はメークさんと一緒に朝食を食べて、もう一度NTVにみんなで向かいました。今度はボニーとイヴァンナも一緒に『スッキリ』と『PON』に出るためです。

『スッキリ』はラストの方で、あっという間に終わってしまった感じでした。『PON』の方は時間はたっぷりでしたが、3人は司会の岡田さんのギャグに戸惑っていた様子でした。

夜は丸の内ピカデリー1と2で続けて舞台挨拶。熱烈なファンの歓迎振りに3人とも大喜びでした。

|

« ヴェネチア国際映画祭から東京国際映画祭へ | トップページ | 新聞にインタビュー記事 »

コメント

以前もコメントさせて頂きました。
メールでのアドバイス、本当にありがとうございました。

ハリーポッターLOVEな私も丸ピカの舞台あいさつ見に行きました。

「通訳がやはり鈴木さんだ!」と思い、3人が話す英語はもちろん、鈴木さんの日本語もしっかり聞いてました。

ルパートはこの前の来日が彼の身内の不幸により実現しなかったということで今回はとても楽しみにしていました。

本物を見た瞬間大興奮です!
つい“welcome to Japan”と叫んでしまいました(笑)

映画も最後にむけてとても素晴らしい作品でした。本を読んでいない生粋のハリポタ映画ファンなのでpart2が終わるのは悲しいですが、とても楽しみにしています。

今週はドラコ役のトムが来るので楽しみにしたいます。


鈴木さんもお仕事がんばってくださいrock

投稿: saori | 2010年11月24日 (水) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205096/50113823

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと死の秘宝パート1のプロモーションを終えて:

« ヴェネチア国際映画祭から東京国際映画祭へ | トップページ | 新聞にインタビュー記事 »