« 2011年10月 | トップページ | 2012年5月 »

『ニュー・イヤーズ・イヴ』のザック・エフロンが来日!

14,15日とザック・エフロンの来日プロモーションがありました。映画はロバート・デニーロ、ヒラリー・スワンク、サラ・ジェシカ・パーカー、ハル・ベリーなどの豪華キャストが出演している『ニュー・イヤーズ・イヴ』。監督が『ヴァレンタイン・デー』や『プリティ・ウーマン』などヒット作が多いギャリー・マーシャルさん。この監督は『プリティ・プリンセス2』のときにジュリー・アンドリューズと来日しお会いしましたが、ほんとに楽しくて優しいおじいさま。今回もザックくんが監督はハリウッドでは俳優の間で最高に優しい、楽しいいい人と伝説的人物なんだと話していました。今回のザックは郵便などを自転車やバイクで届ける配達屋さん。少し筋肉をつけて、前回来日した『17アゲイン』のときよりたくましく、大人っぽくなっていました。

でも、人に「筋肉がついた」とか「大人っぽくなった」と言われると照れてしまう、というところはまだ可愛いと思いました。初日はいきなり日本テレビの『スッキリ!』に生出演。その後、ホテルで個別取材をしてから、スカイツリーの近くまで行き、『スッキリ!』のロケをしました。餅つきを経験したり、ついた餅をほおばって、「美味しい、美味しい」とずいぶんおかわりしていました。また、甘いお菓子やお抹茶もいただき、日本の食文化に触れて喜んでいました。(今度の火曜日、12月20日)の『スッキリ!』で放送される予定だと聞きました)

お昼にはどうしてもラーメンが食べたい!と言って、ロケのあと、ラーメン屋さんに寄って念願のラーメンを食べていました。その後も個別取材が続き、少し休憩したあとは劇場での舞台挨拶に向かいました。ほんとにザックはファンを大切にし、日本のファンに会えるのが嬉しくて仕方がないという様子。ウィンクや投げキッスのサービスをたっぷりふるまっていました。

2日目は新聞やウェブの取材があったあと、記者会見。グレーのスーツを着ているのに派手なブルーの靴下が「素敵」と記者に言われると「いま、初めて靴下がまったく僕のスーツに合っていないことに気付いた!」と言い、司会のクロさんに「それが最新ファッションなんでしょ?」とつっこまれると、「実はいま、これはカリフォルニアですごく流行っているんだよ」などと調子を合わせて笑いを誘っていました。

『ニュー・イヤーズ・イヴ』は人と人とのつながり、再生の大切さや新年への希望や夢を感じさせる映画、是非日本の皆さまにこの映画を観て、元気になっていただけたら嬉しい、と最後は優等生のザックらしいコメントも出ました。

こういう群集劇って私は大好きです。この作品も最後まで、誰と誰がつながっているのか、関係が謎だったりして、引き込まれました。特にザックとミシェル・ファイファーのずっと年上の女性と若いイケメンの関係は素敵でした。私たちおば様に希望を与えてくれます(笑)

Ten さん、劇場にいらしていたんですね。本当に嬉しいコメントをいつもありがとうございます。今年はもう来日はなさそうです。今年は震災で本当にハリウッドスターの来日が減りましたが、10月以降、だいぶ増えたのが救いでした。

若いのに礼儀正しくて、気配りのできるザックくん。来年も来るね、と別れ際に言っていました。これからの成長が楽しみな俳優さんです!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

『リアル・スチール』に興奮

先週、11月29,30日はディズニーの作品「リアル・スチール」のプロモーション来日がありました。最初はヒュー・ジャックマンが来ると聞いていたのですが、彼は今ブロードウェーの舞台に出ているので来日は無理。子役のダコタ・ゴヨくんと監督のショーン・レヴィさんが来日しました。

この映画、ロボット・ボクシングの映画と思い、ロボットにそれほど興味がないし、ボクシングは嫌いだし、と思ってなんの期待もせず試写に行ったら、びっくり!!父と息子のヒューマン・ドラマ、そしてロボットのボクシングに完全にはまってしまい、思わず「そこだ!もっと行け!」と掛け声をかけてしまいそうになりました。ヒューはダメ親父をいい感じで演じているし、息子役のダコタくんはきらきら光っていました。この子は将来スターになる予感がします。可愛いだけじゃない、特別なオーラを放っていました。でも、実際に会ってみると普通の少年。全然天狗にもなっていないし、お茶目で、子供っぽい。受け答えはしっかりしていたけどその辺にいる普通の子でした。それがスクリーンでは輝くというのが真のスターの証でしょうか。監督のショーンさんは夜のプレミアに間に合うように来日し、次の日の個別取材と記者会見を終えると真っ直ぐ帰国。日本滞在が24時間でしたが、それでも日本に来たかったとエネルギッシュに語っていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初めてブラピの通訳

11月9,10は『マネーボール』で来日したブラッド・ピットの通訳をしました。

前日にアンジーと6人の子供たちと到着したブラピでしたが、9日の取材中は「昨日の晩、よく眠れなかった」と言うだけあって、なんとか頑張りとおすためにコーヒーをしきりに飲んでいました。この日は個別取材を朝から行い、夜は国際フォーラムでのジャパン・プレミア。ここでは真紅のドレスに身を包んだアンジーと一緒に登場。アンジェリーナ・ジョリーは以前、『チェンジリング』という作品で一日だけ通訳をしましたが、本当にオーラがある方です。

この日も、アンジーは大輪のバラの花のように美しく、スター・オーラを発揮していました。

今回のブラピは映画とは違って、長髪で常に薄い色のグラデーションのサングラスをかけていたので、はっきりと顔が見えないといった印象。プレミアではサングラスをはずしてくるかと思っていましたが、やはりかけたままでした。

10日は朝からまた個別取材があり、記者会見があり、トンネルズのタカさんやよいこの濱口さんなどが番組取材で来たりで盛りだくさんでした。

この日もコーヒーを沢山飲んで頑張っていたブラピさん。やはり時差ぼけと睡眠不足にたたられていた様子。しかも6人も子供がいれば、おちおち寝ていられないのでしょう。ちょっとお疲れのパパでした。サングラスで目がちゃんと見られないのが残念でしたが、にかっと笑う笑顔はとても素敵でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年5月 »