「アリス・イン・ワンダーランド」で来日したジョニー・デップ

2010年3月22日(月)

今日は『アリス・イン・ワンダーランド』で来日したジョニー・デップの通訳でした。

私としては『スィーニー・トッド』の来日(2008年1月)以来です。

去年の暮に『パブリック・エネミーズ』で来日したばかりのジョニーでしたが、そのときに「次回はアリスで戻ってきます!」と公言していました。私も暮に3月23,24という日程をいただいたので、押さえておきましたが、それからスケジュールが目まぐるしく変わり、最終的な決定が出たのは来日一週間まえのこと。21,22の二日間になりそうだと思っていたら、結局22日だけになりました。しかも、到着はその日の朝。そのままホテルに直行し、少し休んでから、まずはティム・バートン監督とのフォト・セッション。(監督は18日から来日していて、もう既に土曜日からインタビューをしていたそうです。)

予定より25分ほど遅れてフォト・セッションがスタート。そして、そのあと記者会見場へ移動。80台を越すテレビカメラに300人以上の記者が集まり、会場は熱気に包まれていました。そこへ、20分ほど押して、バートン監督とジョニーが登場。司会は伊藤さとりさん。『日本に戻ってこれて嬉しい。日本のファンは世界で一番温かい歓迎をしてくれる』などと挨拶し、いざ質問タイムへ。最初の質問者は「めざましテレビ」の軽部さん。ジョニーがいつも帽子をかぶっているので、多分帽子好きだと思うが、今回の帽子屋の役はどうだったか、そして個人的には帽子をいくつ所有しているのか。これに対して、ジョニーは「帽子屋の役はやりやすかった、もう既に自分の中に出来上がっていたから。プライベートでは帽子を5,6個持っている」と答えたのですが、いつも帽子をかぶっているイメージなのでもっと数を持っていると思っていた私は一瞬、「5,6個なの?」と聞き返してしまいました。50個~60個くらい持っているのかと思ったんです!

子供たちも『アリス・イン・ワンダーランド』は観て気に入ったそうですが、お父さんのマッド・ハッターは本当にいかれている、クレイジーだと言ったそうです。「でも楽しいクレイジーだよ(fun crazy)」とジョニーは付け足していました。

ティムが話している間、私はすぐ左前にいるジョニーのファッションを間近で観察していました。右腕に皮のベルトやらお嬢さんが作ってくれたというカラフルなビーズのブレスレットを3~4つ、指輪を二つ。腰には白いドクロの飾りがついた紐のような飾りと細長いバンダナのような飾りを付けていました。黒いシャツにストライプの入った黒っぽいベスト、首には細い飾りつきの金属のネックレスが二つ、じゃらじゃらとしたビーズの赤い首飾りが2~3本、緑色のニットの細いスカーフ。そして薄いグレーのフェルト帽。前に穴が2つ、3つ空いています。よっぽど愛用しているのでしょう。黒縁のめがねに髭。

今回のマッド・ハッターという役はかなりすごいメークとヘアでジョニーなのか誰なのかよく分からないほどです。昔、エドワード・シザーハンズという役もばっちりメークにワイルドなヘア、手の代わりに鋏を持った男でしたが、今回もそれに近いほど本人が隠れています。そのことを記者に聞かれると、ジョニーは「僕はメークや変装の後ろに隠れるのが好き。そうすることによって本来の自分が出せたりする」と言っていました。

記者会見が終わると、すぐに裏導線の方へ行きましたが、ジョニーが私に話しかけてきました。初来日の前からずっとジョニーのことを書いてきたライターの佐藤由紀さんが会見場にいたのを発見した、と言うのです。「デッドマン」で初来日したときはフランス映画社の社長宅でホームパーティがあり、そこへジム・ジャームッシュ監督とジョニーも来て、みんなで気軽に話したりしたのを思い出しました。由紀さんは「21ジャンプストリート」というテレビシリーズに出演していた頃からインタビューに来てくれてたんだよ、と教えてくれました。私が「初来日は何年だったかしら?」と聞くと、「1994年だった」と即答。わたしよりよく覚えている!すごい。

このあと昼食と休憩をはさんで、恵比寿ガーデンプレイスのファン・イベントに向かいました。ディズニーのスタッフとティムの通訳を担当している井原さんとメークの方と一緒にバンで先乗りをし、会場に着くと、そこには赤の女王のお城が聳え立っていました。前の晩から徹夜で建てたそうです。会場にはもう既に多くのファンの方々が集まっていて、他にも買い物客や会社帰りの人たちもなにごとかと立ち止まって見守っています。

車が到着するというレッド・カーペットの入り口で待っていると、間もなく監督が到着しました。それから10分~15分遅れでジョニーが到着。ファンの声援や黄色い声が鳴り響きます。まずはサウンドバイツ~「めざましテレビ」の軽部さんや「スッキリ」の大竹さん、「みやねや」、「ズームイン・スーパー」など全部で10本インタビューを受けました。ファンが声をかける中、ジョニーは小さな声で囁くように話すので、聞き取ろうと私も必死でした。

そして、いざファンの元へ。丁寧にサインしたり、握手したりしていきます。

30~40分ほどファンとのふれあいがあり、お城へ到着したジョニーはティムと一緒にフォト・セッション。そして、階段を上がって舞台に立つと集まった3,800人の前で挨拶をしました。会場が最高潮に盛り上がった瞬間でした。

ファン・イベントを後にすると、次に向かったのは舞台挨拶を行う六本木ヒルズの東宝シネマズ。今回はスクリーン2での試写会です。今か今かと待ち構えていたファンの前にティムとジョニーが登場すると大きな声援が巻き起こりました。ここでもジョニーは日本のファンは世界一温かい、ファンのみんなが応援してくれるから僕らは映画を作ることができる、だから心から感謝している、と挨拶をしました。そして、次回も必ずまた戻ってくる、と最後に言いました。

私たち通訳のお役目はここまでで終了。「It’s always a pleasure to work with you, Johnny」と言うと「Me too, thank you so much. See you next time」と言ってくれました。

その後、ティムとジョニーはディズニーのお偉方たちと一緒にディナーへ向かいました。

初めはその日のうちに帰る予定だったのが、到着時刻がずれたため、結局日本に一泊することになったジョニー。次の朝には自家用ジェットでベニスへ飛んでいきました。アンジェリーナ・ジョリーと共演の「The Tourist」の撮影のためです。

次から次へと作品が公開され、私たちに色んな顔を見せてくれるジョニー。そういえば、記者会見でも、「常に違う自分を出していきたい。観客を飽きさせたくないからいつも違う役に挑戦していく」と言っていました。これからも楽しみな俳優さんです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ヒュー・ジャックマンは噂どおりのナイスガイ!

ヒュー・ジャックマンは「X-メン」三部作で来日していて、私は直接担当ではありませんでしたが、記者会見場や舞台ではご一緒して、常に紳士的で笑顔を絶やさない良い人だな、という印象を持っていました。「ニューヨークの恋人」での来日時には通訳を頼まれたのにカナダ旅行と重なってしまい、泣く泣く断るはめに・・・その後、ヒューはブロードウェーの舞台などで忙しく、来日が無かった時期もありましたが、今年の初めに「オーストラリア」で久しぶりの来日!
そのとき、私は二コール・キッドマン担当でしたが、二人一緒のテレビ取材や舞台挨拶があり、すぐ近くで観察できることに。映画のスクリーンではそこまでわからなかったのですが、近くで見るとなにしろ顔が小さく、座っていると189cmの長身にはとても思えないほど。でも、立ち上がると足の長いこと、長いこと!以前、トニー賞の授賞式で彼がダンサーの女性たちとラインダンスを披露したことがありましたが、プロのダンサーたちに交じっても引けを取らず、彼のあの長い足は見事に頭の高さまで上がっていました。
そして2009年9月2日と3日、私にやっとヒュー・ジャックマン氏の通訳が回ってきました!ここ2,3年は「今、誰の通訳を一番したい?」と聞かれると即座に「ヒュー・ジャックマン!」と答えていたので、やっと念願が叶いました。今回の来日は「ウルバリン:X-メンゼロ」という作品で、「X-メン」シリーズ3部作でヒューが演じたウルバリンの誕生秘話を描いた原点の物語。「X-メン」シリーズでもマッチョなヒューでしたが、今回のヒューは一味も二味も違います。身体作りに一年もかけ、血管が浮き出るほど筋肉隆々!男らしく、パワフルな姿を存分に楽しめます。

そして素顔のヒューは、ほんとに噂どおりの素敵な人でした。サービス精神が旺盛で、「笑っていいとも増刊号」では「そこまでやらなくても!」と心配してしまうくらいサービスして皆を楽しませていました。今回は奥さんのデビーと子供たちも一緒で、移動中にはしょっちゅう奥さんに電話して話している家族思いのところも素敵でした。
歌って踊れて演技ができて、かっこよくて、昨年は「世界で最もセクシーな男」にも選ばれて、それでいて気さくで優しい。今乗りに乗っている俳優さんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

デンゼル・ワシントンさんの通訳をして

8月20~22日の3日間、ソニー・ピクチャーズさんの映画「サブウェイ123」のプロモーションで主演のデンゼル・ワシントンさんが来日。初めて通訳を担当させていただきました。
紳士的でユーモアがあり、とても優しい人。ミニ記者会見の際、ライターさんの一人が彼の大ファンで、 質問をしている最中に感激して言葉が出なくなったら、すぐさま彼女の元へ行き、ハグしてあげたんです。結果としては、もっと感激してしまったけど!(笑)
大物スターなのに、とてもきさくで、今回は「めざましテレビ」「特ダネ」「スッキリ」「VVV6」「王様のブランチ」といったテレビ出演が多かったんですけど、楽しんでいる様子でした。

すごいなと思ったのは彼がいろいろと慈善事業をやっているので、「どうして活発に慈善事業をしているのか?」と聞かれて、「最高に自分本位の理由から」と彼が言ったので、一瞬、自分の耳を疑って「selfish?」と思わず聞き返してしましました。すると、「そう、人のためになにか役に立てる、人を喜ばせることができるというのは最高に気分がいいんだ。こんなに最高の気分に自分がなれるんだよ。本当に自分本位の理由だろう?」って説明したんです。それって、他の人を助けているんですもの、自分本位だと私は思わないけど・・・
でも、これって彼のお父さんがやはり昔から病院や学校の建設や恵まれない子供たちへの寄付を行っていたからなんですって!神様は自分に多くを与えてくれたから、それを恵まれない人たちに寄付するのは当たり前だと言うのです。そして常に神様に感謝しているんですって。
デンゼルはとても信心深い、家族思いの人でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジャック・ニコルソンはお茶目!

Aimg_7196 今年も東京国際映画祭が終わり、残すところあと2ヶ月。毎年、あっという間に時間が過ぎていく気がします。ジョニー・デップの通訳で始まった2008年、いろんなハリウッド・スターの通訳をしたのに、ほとんどブログに書いていないとはお恥ずかしい。
今年一番の大物、というか大御所はなんて言ってもジャック・ニコルソンさん。私は「ファイブ・イージー・ピーセス」から注目して、「イージー・ライダー」や「カッコーの巣の上で」の絶対的な存在感に圧倒され、ずっとファンでした。それからも数々の作品で名優ぶり、怪優ぶりを披露してきましたが、今回の来日はモーガン・フリーマンと共演した「最高の人生の見つけ方」(原題:The Bucket List)の宣伝のため。
記者会見では「多くの女性たちと付き合ってきたからね」とか「僕は女性たちを愛してきたし、女性たちも僕のことをまあまあ好きになってくれた」とかプレイボーイぶりを発揮。映画にちなんで、「死ぬまでに絶対やっておきたいことは?」と聞かれて、「最後の大恋愛をすること」ですって!写真撮影ではおどけて歌舞伎のポーズをしてみたり大サービス。
個別取材とかグループインタビューのときは、彼の言ったことを私が一生懸命、通訳してい間中、女性記者たちに色目を使ったり、ウィンクしたりと大忙し。
でも満面の笑みでニカってされると、こっちもニカっとなってしまう。ホントにお茶目なおじ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)